Sponsored Link

「違いの雑学」春雨とビーフンの違いとは?

春雨

春雨とビーフンの違いについて

春雨はつるつるとした口当たりや食感も含めて、おいしいですね。
夏ならサラダ、冬はスープや鍋に入れたりします。でもよく似た細い麺でビーフンというものがありますね。
この春雨とビーフンの違いってなんだか分かりますか?
今回は、そんな春雨とビーフンの違いについての雑学になります。

春雨とは?

もやしの原料である緑豆やジャガイモ、サツマイモなどのイモ類のでんぷんを原料にして作られる細長い麺です。
乾燥しているので長期保存に向いています。
水またはぬるま湯で戻してからスープ、サラダ、炒め物、春巻の具など幅広く料理に使われます。
日本へは約700年くらい前に中国から伝わったそうです。

ビーフンとは?

うるち米を原料にして作った細い麺です。
こちらも乾燥しているので長期保存には向いています。
調理方法もよく似ていますね。
水やぬるま湯でもどすか、または少し茹でるかして柔らかくしてからスープや炒め物などに使います。
日本では焼きビーフンにしたりスープに入れたりすることが多いようです。

春雨とビーフンの違いまとめ

春雨とビーフンの違い

◆春雨とは緑豆、イモ類のでんぷんを原料にして作られた細長い乾麺です。
◆ビーフンとはうるち米を原料にして作られた細長い乾麺です。

最大の違いはやはり原料がちがうことですね。調理方法や食べ方には共通点が多いんです。
日本以外のアジア各国にもそれぞれの食べ方や料理があります。
アジア圏の料理をいただくときに、ちょっと興味をもつと楽しいかもしれないですね。
以上が「違いの雑学」春雨とビーフンの違いとは?の内容になります。

スポンサーリンク



コメントを残す

このページの先頭へ