Sponsored Link

「違いの雑学」アイスクリームとシャーベットの違いとは?

アイスクリーム

アイスクリームとシャーベットの違いについて

アイスクリームを食べたことの無い人は殆どいないでしょうが、改まってアイスクリームとは何かと考えると難しい問題だと思います。
アイスとクリームが合体した名前だからクリーム、つまり乳成分を凍らせたものを言うのでは?と普通は思うのではないでしょうか。
しかし実はシャーベットなどにも乳成分は多少入っていたりすることもあります。
今回はそんなアイスクリームとシャーベットの違いについてのお話をご紹介します。

アイスクリームとは?

アイスクリームは一般的には、牛乳などの乳成分に砂糖等の甘みや卵黄を加え、冷やして凍らせる過程で混ぜ合わせながら空気を含ませるようにクリーム状にしたものです。
しかし厳密な規格では乳固形分と乳脂肪分の含有量が重要で、乳固形分3%以上のものはラクトアイス、更に乳固形分が10%以上でそのうち乳脂肪分3%以上のものはアイスミルク、乳固形分が15%以上でそのうち乳脂肪分8%以上のものをアイスクリームと言うそうです。
そしてこれら三つが広義でのアイスクリーム類と言われます。
(参考:アイスクリームwikipedia)

シャーベットとは?

シャーベットは主に果物の果肉を潰したものや果汁に甘みを加えて、攪拌しつつ凍らせたものです。
規格上では、アイスクリーム類の規格である乳固形分3%以上に当てはまらない、つまり乳固形分3%未満の氷菓、その一種となります。
ですので、乳製品を使っていても乳固形分3%未満ならシャーベットと言うことも出来ます。
(参考:シャーベットwikipedia)

アイスクリームとシャーベットの違いまとめ

アイスクリームとシャーベットの違い

・アイスクリームは乳固形分が15%以上でそのうち乳脂肪分8%以上のもの。
・シャーベットは乳固形分3%未満の氷菓の一種。

ちなみにソフトクリームはアイスクリームとほぼ同じ製法、同じ材料で作れますが、中に含まれる空気の量を多くする為にアイスクリームより強く速く攪拌(かくはん)して作ります。

以上が、「違いの雑学」アイスクリームとシャーベットの違いとは?の内容になります。

スポンサーリンク



コメントを残す

このページの先頭へ