Sponsored Link

「違いの雑学」ビールと生ビールの違いとは?

生ビール

ビールと生ビールの違いについて

仕事帰りに居酒屋などで席に着くと「とりあえず生ひとつ」と注文するのは、酒飲みにとってはお約束の行事のようなものです。
その際に、生というのが生ビールであることは誰でもご存知なことですが、では生ビールはただのビールとどこが違うのかというと正確に知っている人は少ないのではないでしょうか。
そこで今回はビール好きなら最低限知っておきたい、ビールと生ビールの違いについてのお話をご紹介します。

ビールとは?

ビールは一般的には、麦芽とホップ、水を原料として発酵させたお酒のことです。
麦芽を糖化させてから酵母により糖を発酵させて作りますが、発酵が過多になるとだんだんと味が落ちてきてしまいます。
ですので、その昔は加熱処理により酵母の働きを停止させてから出荷して、品質保持をしていました。
加熱処理による品質保持はビールに限らず、例えばお醤油などでも行われていたりします。

生ビール

生ビールとは加熱処理を施していない状態のビールのことです。
今は珪藻土やフィルター等で酵母を濾過していますので、加熱処理を施していない生ビールと言える状態でも品質が劣化しやすいことは無くなっています。
しかしこれは本当の意味では、酵母を含んだ複雑な深い味わいの蔵出ししたままの生ビールとは別物です。

ビールと生ビールの違いまとめ

ビールと生ビールの違い

・ビールとは、麦芽とホップ、水を原料として酵母で発酵させたお酒のこと。
・生ビールとは、酵母の働きを停止させる加熱処理をしていない状態のビールのこと。

今の時代、お店でビールを頼めば出てくるのは殆どが濾過処理をされた生ビールなのです。
ですので、現在ビールをわざわざ「生で」と頼むのは、ある意味慣例的なものであると言えるでしょう。

以上が、「違いの雑学」ビールと生ビールの違いとは?の内容になります。

スポンサーリンク



コメントを残す

このページの先頭へ