Sponsored Link

「違いの雑学」ソテーとムニエルの違いとは?

ソテーとムニエル

ソテーとムニエルの違いについて

こんがりと焼けた肉や野菜などの料理をソテーと呼ぶことがありますね。一方で魚のムニエルなんていう料理もあります。
さて、ソテーとムニエル、よく聞く料理ですが違いがわかるでしょうか?
(参考:ソテーwikipedia)

ソテーとは?

ソテーとは、フライパンに油、バターなどをひいて肉や野菜などを炒める、焼くといった方法による調理方法、その料理を言います。
分厚い牛肉のソテーからキノコソテー(バター炒め)まで幅広く使われており、焼くという調理方法の総称ともいえます。

ムニエルとは?

下ごしらえした魚の切り身に塩・コショウで下味をつけて小麦粉をまぶしつけてフライパンにバター等をひいてこんがりと焼きあげる調理方法、その料理をいいます。
仕上げにはレモン汁をかけたり、タルタルソースやバターソース等のソースをかけていただきます。
舌平目やスズキ、鮭やマスなどの魚がよく用いられます。

ソテーとムニエルの違いまとめ

ソテーとムニエルの違い
ソテーはフライパンで肉、魚、野菜などの材料を比較的高温で焼く、炒めるといった調理方法やその料理をさします。
ムニエルは魚の調理方法の一種で、魚に小麦粉をまぶして焼くという調理方法やその料理をいいます。

ソテーは炒めた料理に幅広く使われる語ですが、ムニエルの場合は一般的に材料としては魚が多いのが大きな違いでしょうね。
ムニエルの場合は小麦粉をうすくまぶしつけるのも大きな特徴です。
以上が「違いの雑学」ソテーとムニエルの違いとは?の内容になります。

スポンサーリンク



コメントを残す

このページの先頭へ