Sponsored Link

「違いの雑学」パスタとスパゲッティーの違いとは?

パスタとスパゲッティ

パスタとスパゲッティーの違いについて

日本の食卓でもなじみのあるパスタ料理、さまざまなソースや具材との組み合わせで人気のあるメニューですね。でも、スパゲッティーといういい方もありますね。さて、パスタとスパゲッティーの違いって分かるでしょうか?
(参考:スパゲッティ パスタ wikipedia)

パスタとは?

パスタとはイタリア料理で使われる小麦粉・水・塩・卵などを練ってつくられた練りものであるスパゲッティー、マカロニ、ラザニアなどの総称を指します。
もともとは俗ラテン語の「pasta」(生地・練りもの)という言葉に由来があります。
日本人にしてみたら、うどんやそばやそうめんなどの総称である「麺類」のイメージに近いかもしれません。

スパゲッティーとは?

スパゲッティーとは、数あるパスタのなかでも紐のように細長く、中が空洞でないものをいいます。
太さもいろんなタイプがありますが、1.6mm前後のものを特にスパゲッティーというようです。

パスタとスパゲッティーの違いまとめ

「違いの雑学」パスタとスパゲッティーの違い

・パスタはイタリア料理で用いられる、小麦粉を主原料に作られた生地を成形した食品の総称です。長さや太さなどさまざまな形状や種類があります。
・スパゲッティーはパスタの一種で、特に細長いロングタイプのパスタのうち太さが1.6mm前後のものをいいます。パスタのなかでも大変にポピュラーといえるでしょう。

パスタにはさまざまな種類があり、その形によってとくによく合うソースや味つけがあります。
自分の好きなソースや味わいにはどんなタイプのパスタが合うのか、調べてみたらもっとパスタ料理を楽しめるかもしれませんね。
以上が「違いの雑学」パスタとスパゲッティーの違いとは?の内容になります。

スポンサーリンク



コメントを残す

このページの先頭へ