Sponsored Link

「違いの雑学」シャンパンとスパークリングワインの違いとは?

シャンパンとスパークリングワイン

シャンパンとスパークリングワインの違い

細かな泡が華やかなスパークリングワインはお祝いのときにぴったりですね。
泡を含んだワインというとシャンパンを思い浮かべるかもしれませんが、
シャンパンとスパークリングワインの違いが分かるでしょうか?
(参考:シャンパンwikipedia)

シャンパンとは?

シャンパンは、スパークリングワインの一種ですが、フランスのシャンパーニュ地方特産のスパークリングワインです。
栽培や製造方法など、フランスのワインの法律である(AOC法:原産地呼称管理法)の厳しい条件をクリアして
最終的に検査に合格したものだけがシャンパンを名乗ることを許されるのです。
けっこう厳しいものですね。

スパークリングワインとは?

スパークリングワインとは、ワインのなかに炭酸ガスを含んだ発泡性のワインの総称です。
含まれている二酸化炭素の量によって弱発泡性ワインと強発泡性ワインとに分けられます。
強発泡性ワインのなかに有名なフランスのシャンパンがあります。

シャンパンとスパークリングワインの違いまとめ

シャンパンとスパークリングワインの違い

・シャンパンはスパークリングワインのなかでも、フランスのシャンパーニュ地方で生産され、定められた厳しい基準をクリアした発泡性ワインです。
また、シャンパンのガス圧は高く、泡が非常に細かくて繊細なことが大きな特徴です。

・スパークリングワインは二酸化炭素を含んだ発泡性ワインの総称です。フランスだけでなく、ドイツやイタリア、アメリカなど各国で良質のスパークリングワインが作られています。

華やかなスパークリングワイン、とりわけシャンパンはとても大事な記念日やお祝いに最適ですね。
いろんなスパークリングワインがありますから、いろいろ飲んで好みのワインを見つけるのも楽しいものですよ。
以上が「違いの雑学」シャンパンとスパークリングワインの違いとは?の内容になります。

スポンサーリンク



コメントを残す

このページの先頭へ