Sponsored Link

「違いの雑学」池と湖の違いとは?

池と湖

池と湖の違い

水辺の景色ってきれいですよね。野鳥がいたり、魚がいたり、いろんな生き物がいる場所です。日本にはたくさんの湖があります。
一方で池もありますね。池の鯉にエサをあげる、なんていう優雅な方もいるでしょう。
では池と湖とはどう違うのか、わかりますか?

池とは?

池とは、地面のくぼみに水がたまったところ、または地面を掘って人工的に水をためたところをいいます。
日本では稲作のために人工的にため池をつくったケースも多いようです。
池は水深が浅いもの、だいたい5m未満のものを指すようです。

湖とは?

池や沼よりも大きくて、周りを陸地で囲まれていて岸には植物が生えていても、中央の深いところには植物がないものをいいます。
水の深さはだいたい5~10mよりも深いものを指すようです。

池と湖の違いまとめ

池と湖の違い

・池は地面のくぼみに水がたまってできたところ、または掘った地面に人工的に水をためたところをいいます。
水深の目安としては5m未満のものをいいます。

・湖は池よりも大きく、水深も深めでだいたい5~10mよりも深いものをいいます。

池と湖の違いは、水量の多さや水の深さによっておおまかに分けられるようです。
でも、実態としては池でも〇〇湖という名前を付けられているときもありますけどね。
湖は大変にうつくしい景観をもつときもありますから、観光名所になっているケースもありますね。世界的にも湖にはたくさんの伝説が伝えられています。
以上が「違いの雑学」池と湖の違いとは?の内容になります。

スポンサーリンク



コメントを残す

このページの先頭へ