Sponsored Link

「違いの雑学」タクシーとハイヤーの違いとは?

タクシー

タクシーとハイヤーの違い

駅前にたくさんのタクシーが並んでいる光景を見たことはあるでしょうね。
目的地まで移動してくれるタクシー、利用したことも多いでしょう。
でもハイヤーという言葉もありますね。
さて、タクシーとハイヤーの違いって分かるでしょうか?

タクシーとは?

タクシーの場合、街中で手を挙げるなどして乗車の意思を示して自動車を借り切って目的地まで運んでもらいます。
個人での利用や社員の深夜の帰宅時などに使われることが多ですね。

ハイヤーとは?

ハイヤーの場合、営業所を拠点にして顧客の要望に応じて配車に応じてもらい、目的地への送迎などを行ってもらいます。
会社役員の社用車として、また海外VIPの空港への送迎、パーティーや式典などの後のお送りなど
より高級で格式が必要とされるシーンで必要とされます。
そのため完全予約制になっていることも多いです。

タクシーとハイヤーの違いまとめ

>タクシーとハイヤーの違い

・タクシーは目的地への移動のために街中で個人で利用することが多いです。旅行の時の移動や、深夜の帰宅など利用の機会は多いですね。

・ハイヤーは役員や海外VIPの送迎、式典やパーティの際の送迎など格式が必要とされる場合に利用され、法人に利用されることが多いです。

タクシーは自動車に乗ってから降りるまでが料金の対象ですが、ハイヤーは営業所を出てから送迎を行い、また営業所に戻るまでが料金の対象になります。
また、料金メーターがタクシーの場合は、見える場所に設置してありますが、ハイヤーの場合は基本的に見えない場所に設置している事が多いです。
タクシーなら乗ったことはあるけど、ハイヤーなんて頼んだことないなぁという方は多いかもしれませんね。
以上が「違いの雑学」タクシーとハイヤーの違いとは?の内容になります。

スポンサーリンク



コメントを残す

このページの先頭へ