Sponsored Link

「違いの雑学」リンスとトリートメントの違いとは?

リンス

リンスとトリートメントの違い

きれいな髪をたもつには毎日のケアが欠かせませんね。
シャンプーでの洗髪の後にリンスを使いますね。
でも、ドラッグストアにはリンス以外にもトリートメントという商品もたくさん並んでいます。
さて、リンスとトリートメントの違いってわかりますか?

リンスとは?

リンスは髪の表面を油分で覆って皮膜をつくり、手触りを滑らかにしてくれたり、つやを出してくれたりします。

トリートメントとは?

トリートメントは髪の内部にまで浸透して水分や油分を補給してくれます。
髪に栄養を行きわたらせる効果が高いので、髪のダメージが気になる方はトリートメントの方がおすすめです。

リンスとトリートメントの違いまとめ

リンスとトリートメント

・リンスは洗髪後の髪の表面を油分などで覆って保護し、髪を滑らかにしたりツヤを出したりしてくれるヘアケア商品です。
・トリートメントはリンスと同じような効果もありますが、さらに髪の内部にまで浸透して髪の傷みを補修してくれるヘアケア商品です。

どちらも洗髪後の髪のケアのために使用していますが、トリートメントのほうが髪の内部にまで浸透するので、より髪のダメージには効くという点が大きな違いといえるでしょう。
自分の髪の毛の状態に合わせて、効果的なケア商品を使いたいものですね。
以上が「違いの雑学」リンスとトリートメントの違いとは?の内容になります。

スポンサーリンク



コメントを残す

このページの先頭へ