Sponsored Link

「違いの雑学」硬水と軟水の違いとは?

軟水と硬水の違い

硬水と軟水の違いについて

毎日の暮らしの中でなじみ深い水、硬水と軟水があるということは知っていると思います。
では、硬水と軟水の違いは分かるでしょうか?
(参考:軟水wikipedia)

硬水とは?

水のなかにとけているカルシウムとマグネシウムの量をあらわす言葉を「硬度」といいます。
硬水とは、含まれているカルシウム・マグネシウムの量が多いもので、硬度が300以上の水をいいます。
ミネラルが豊富ですが、口当たりが重くなりクセの強い味になります。
ヨーロッパや北米には多くの硬水があります。

軟水とは?

軟水とは、含まれているカルシウム・マグネシウムの量が少ないもので、硬度が100以下の水をいいます。
クセがなく口当たりがまろやかで、そのまま飲んでも美味しいし料理にも向いています。
日本の水はほとんどが軟水です。

硬水と軟水の違いまとめ

軟水と硬水

・硬水は硬度が300以上の水で、ヨーロッパや北米に多く存在します。

・軟水は硬度が100以下の水で、日本の水はほとんどが軟水です。

水のなかに含まれているカルシウムやマグネシウムといったミネラルの量の多い、少ないによって硬水か軟水かは決まります。
水の中のミネラルは長い時間をかけて地下の岩石からとけだしたものです。
日本のように国土が狭い国では地層に接する時間が短くなるし、
逆に大陸では地層に接する時間が長くなることが、水中のミネラルの量の差をうみ出していると言われています。

以上が「違いの雑学」硬水と軟水の違いとは?の内容になります。

スポンサーリンク



コメントを残す

このページの先頭へ