Sponsored Link

「違いの雑学」レンタルとリースの違いとは?

レンタル

レンタルとリースの違いについて

CDやDVD、レンタルショップで借りてきて楽しむことがありますね。
会社のコピー機やプリンタをリースで使用しているということもありますね。
さて、レンタルとリースではどう違うのかわかるでしょうか?
(参考:レンタルリースwikipedia)

レンタルとは?

レンタルとは、レンタル会社が持っている物品、機器や設備などを使用するためにお金を払って借りることです。
レンタル期間は比較的短く、通常は1年未満です。週単位や月単位のケースも多いですね。
不特定多数のひとが利用できるサービスであり、原則として中途解約も可能です。
CDやDVDなどのレンタルサービス、車をレンタルで利用するなどわりと身近に利用の機会はあるものです。

リースとは?

リースとは、顧客が選んだ物品をリース会社に購入してもらい、物品を使用するためにリース会社にお金を払って借りることです。
リース期間は長期にわたり、通常3年以上です。企業など特定の顧客が利用するという点でレンタルとは区別されています。
中途解約はできませんし、機械などの保守管理は顧客の側が行うことになります。
企業が機械や設備を導入するときに、自社で購入するのではなくリース会社に買ってもらって、さらにその機械などを借りるという形を取り、月々一定のリース料を負担することでリーズナブルに新しい設備や機械を使用できるんです。
リースで使用できるものは多く、ブルドーザーやクレーンのような土木作業用機械、CTスキャナやX線装置などの医療機器、ATMや照明音響設備など数々のサービスで利用されています。

レンタルとリースの違いまとめ

レンタルとリース

・レンタルは短期の使用を目的にしてレンタル会社の物品や機械をお金を払って借りることです。

・リースは長期の使用を目的にして、特定の顧客が選んだ機械や設備をリース会社に購入してもらい、その使用のためにリース会社にお金を払って借りることです。

個人にはレンタルの方がずっとなじみがありますが、会社の運営にはリースもとても大事な役割がありますね。

以上が「違いの雑学」レンタルとリースの違いとは?の内容になります。

スポンサーリンク



コメントを残す

このページの先頭へ