Sponsored Link

「違いの雑学」被告と被告人の違いとは?

被告と被告人

被告と被告人の違いについて

テレビのニュースやドラマなどで聞くこともある被告とか被告人とかいう言葉を聞くと、なんとなく悪いことをした人みたいなイメージを持っているかもしれませんね。
被告と被告人、確かによく似ていますね。
さて、被告と被告人の違いがわかるでしょうか?
(参考:被告被告人wikipedia)

被告とは?

私人間の争いである民事裁判で訴えられた側を言います。
裁判を起こして訴える側を原告といいます。
お金を返してほしい、損害を賠償してほしい等、私人同士の争いは民事裁判で解決を目指します。

被告人とは?

被告人とは、刑事裁判で犯罪を犯したと疑いをかけられて起訴されている人物のことを言います。
裁判にかけるために起訴するのは検察官という職業にある人たちが行います。
犯罪を犯したと疑われている人に対して、無罪か有罪かを決めて、有罪ならどのくらいの刑罰を科すのが妥当なのかを刑事裁判で決めるのです。

被告と被告人の違いまとめ

被告と被告人

・被告は民事裁判において訴えられた側をいいます。

・被告人は刑事裁判において犯罪を犯したという疑いで起訴されている人物のことを言います。

裁判には大きく分けて民事裁判と刑事裁判があります。
被告は民事裁判での用語、被告人は刑事裁判での用語、という大きな違いがあります。たしかにパッと見は似ていますが、区別しておく方がいいでしょうね。
以上が「違いの雑学」被告と被告人の違いとは?の内容になります。

スポンサーリンク



コメントを残す

このページの先頭へ