Sponsored Link

「違いの雑学」パートとバイトの違いとは?

アルバイト

パートとバイトの違い

なにか仕事を探そうと思って求人雑誌など見ていると、必ず出てくる、バイトやパートという言葉がありますね。
バイトというと学生、パートというと主婦、みたいなイメージがありますが、パートとバイトの違いってわかりますか?
(参考:アルバイトwikipedia)

パートとは?

パートとは、英語の「Part-time job」がもとになっています。
日本では家事や育児などのためにフルタイムで働くことが難しい主婦の働きかたとして一般的ですね。
ただ、パートタイム労働法という法律があり、その法律によれば短時間労働者とは
「1週間の所定労働時間が同一の事業所に雇用される通常の労働者の1週間の所定労働時間に比べて短い労働者」となっています。
通常の労働者(正社員のことです)よりも1週間の間に働く時間が短いという条件にあてはまる人は短時間労働者になるわけです。
短時間労働者は、パートタイマーとかアルバイトとか準社員とか契約社員とかいろんな呼び方をされることがありますが、名称は問いません。
法律上はパートとアルバイトに明確な違いがあるわけではありません。

アルバイトとは?

アルバイトはもともとはドイツ語の「Arbeit」(労働)という語に由来します。
明治時代に学生たちが生活費などを得るために働く時に使いだして広まったと言われています。
日本では、学業などの本業がある人が空いた時間を使ってお金を稼ぐ行為を指すために使われたのがもともとの意味のようです。

パートとアルバイトの違いまとめ

パートとアルバイト

・パートは英語の「Part-time job」がもとになっていて、日本ではおもに主婦の働きかたとして広まった勤務スタイルです。

・バイトはドイツ語の「Arbeit」がもとになっていて、学生などが本業をもちながら空いた時間でお金を稼ぐことを指します。

法律でははっきりと区分されているわけではないのですが、雇用する会社によってパートとバイトを使い分けているというのが実情のようです。
学生アルバイトは学校の卒業などで辞めていくことが多いですが、パートタイマーは長年にわたって働くケースが多いという点も違いでしょうね。
以上が「違いの雑学」パートとバイトの違いとは?の内容になります。

スポンサーリンク



コメントを残す

このページの先頭へ