Sponsored Link

「違いの雑学」一時雨と時々雨の違いとは?

雨

一時雨と時々雨の違い

天気予報を見ていると必ず出てくる「曇り一時雨」とか「曇り時々雨」といった言葉をよく聞きますよね。
なんとなく雨が降りそう、といったイメージはわきますが、さて一時雨と時々雨の違いってわかりますか?
(参考:気象庁)

一時雨とは?

一時雨とは、予報期間(明日の予報の場合は24時間をいいます)のうち、4分の1つまり6時間よりも短い時間、雨が連続して降ることをいいます。
雨の止んでいる間が割と多めですね。

時々雨とは?

時々雨とは、予報期間の2分の1である12時間よりも短い時間、雨が降ったりやんだりする状態になることを言います。
断続的な降り方になるとはいえ、雨が止んでいる間が少なそうな感じです。

一時雨と時々雨の違いまとめ

一時雨と時々雨

・一時雨は、雨が連続的に降り、降っている時間が予報期間の4分の1未満(6時間未満)の場合をいいます。

・時々雨は、雨が断続的に降り、降っている時間が予報期間の2分の1未満(12時間未満)の場合をいいます。

雨の状態や雨の降ると予想される時間の長さで決まるのですね。天気の用語もいろいろと細かい決まりがあります。
ちなみに曇りのち雨は、予報期間の前半が曇りで、後半が雨になることをいいます。

以上がの内容になります。

スポンサーリンク



コメントを残す

このページの先頭へ