Sponsored Link

「違いの雑学」マーケットとスーパーマーケットの違いとは?

スーパーマーケット

マーケットとスーパーマーケットの違い

食料品や日用雑貨など、毎日のようにどこかで買い物をしますね。そんなときにスーパーへ行く、と言うこともありますね。
スーパーとはスーパーマーケットのことですが、単なるマーケットという単語もあります。
マーケットとスーパーマーケットの違いが分かるでしょうか?

マーケットとは?

マーケットは、定期的に人が集まり、商品の売買を行う場所をいいます。
また、株式などの証券や為替などの金融取引の場を指すこともあります。
食料品や衣料品をあつかうマーケットの歴史は古く、古代からさまざまなマーケットが存在しました。
大きなツリーや数多くの屋台がならぶ華やかなクリスマスマーケットなど、歴史ある有名なマーケットは観光スポットとしての人気もあります。

スーパーマーケットとは?

スーパーマーケットは、よく買われる食糧品や日用品などが大量に棚に陳列された店内で、客が自分で欲しい商品を選んでかごなどに詰め、最後にレジで会計を行うといったスタイルを取る小売店のことを言います。
かつては客の注文に応じて店員が商品をとりだすスタイルだった小売店に、セルフサービスの考えを北米で導入したのが始まりだそうです。
効率のよさや低価格で購入できることが大きな魅力です。日本では1950年代に導入されて、すっかり日常生活に欠かせない存在になっていますね。

マーケットとスーパーマーケットの違いまとめ

マーケットとスーパーマーケット

・マーケットは定期的に開かれる、商品の売買が行われる場所のことです。

・スーパーマーケットは食料品や日用品をセルフサービスで購入できる小売店のことです。

歴史の古い食料品などの売買のための市場から、金融商品の取引まで、マーケットのほうがより広い概念を指しているようです。
スーパーマーケットは毎日のように買い物に行きますから、とてもなじみのある場所ですね。
以上が「違いの雑学」マーケットとスーパーマーケットの違いとは?の内容になります。

スポンサーリンク



コメントを残す

このページの先頭へ