Sponsored Link

「違いの雑学」非行と不良の違いとは?

不良

非行と不良の違い

だらしのない外見やガラの悪い態度、スーパーやコンビニの前で座り込んでいる姿など、いわゆる不良を街中で見たことはあるかもしれませんね。
非行も不良も同じようなものなのでは、と思いますね。
さて非行と不良の違いがわかりますか?
(参考: 警察法施行令 )

非行とは?

非行少年とは、犯罪を犯した少年、14歳未満で刑罰法令に触れる行為をした少年、将来罪を犯す・触法行為をするおそれがある少年(虞犯少年)の3つをあわせていいます。
非行少年に対しては少年保護手続という手続きが取られます。
少年保護手続には、法による秩序の回復という側面だけでなく、非行少年の更生や改善を促すという特別な側面があります。

不良とは?

不良少年とは社会的な道徳にかけた行為を行っている少年少女のことです。
少年警察活動規則によれば「非行少年には該当しないが、飲酒、喫煙、深夜徘徊その他自己又は他人の徳性を害する行為、つまりは不良行為を行っている少年」
と規定されています。

非行と不良の違いまとめ

非行と不良

・非行は犯罪少年の犯罪行為・触法少年の触法行為・虞犯少年の虞犯事実の総称をさします。

・不良は飲酒・喫煙・深夜徘徊などの不良行為のことをいいます。

言葉の内容としては非行のほうが反社会性の度合いが重いといえるでしょう。
以上が「違いの雑学」非行と不良の違いとは?の内容になります。

スポンサーリンク



コメントを残す

このページの先頭へ