Sponsored Link

「違いの雑学」バーベキュー(BBQ)と焼肉の違いとは?

BBQ

バーベキューと焼肉の違い

天気のいい日にみんなでワイワイと楽しむバーベキュー、楽しいものですね。
アウトドアの楽しみとして日本でも人気があります。
一方で焼肉もまた人気のあるメニューです。焼肉屋さんもたくさんありますね。
さて、バーベキューと焼肉の違いがわかるでしょうか?
(参考:バーベキューwikipedia)

バーベキューとは?

バーベキューは特にアメリカのスタイルとしては肉や野菜などをすべて焼いてしまい、皿に盛ってからみなで一緒にいただく、という食事です。
調理時には大量の煙や臭いが発生するので、野外で行われる機会の方が多いでしょうね。
自宅の庭以外にもキャンプ場で、河原や海岸で、アウトドアでの大きな楽しみになっています。
調理方法にもいろいろあって、直火焼き、燻製、ロースト、遠火焼き、串にさして焼く串焼きなどそれぞれにテクニックが必要です。

焼肉とは?

焼肉は薄めの肉や野菜を鉄板や焼網などの上であぶり、焼きながら食べる食事です。
どちらかというと、室内、店内でいただく機会が多いでしょうね。
焼いた肉や野菜をタレや塩・コショウといった調味料、レモン汁などにつけていただきます。
調理方法には直火焼きと鉄板焼きがあります。

バーベキューと焼肉の違いまとめ

バーベキューと焼肉

・バーベキューは屋外で楽しむことが多く、肉や野菜を焼いてから皿に盛っていただく料理です。

・室内でいただくことが多く、肉や野菜を焼きながら食べる料理です。

つまり、すべて焼いてから食べるのがバーベキュー、焼きながら食べていくのが焼肉といってもいいでしょう。
他にも世界にはさまざまな焼肉料理があります。おいしく肉を食べたい、という工夫がうかがえて面白いものですね。
以上が「違いの雑学」バーベキューと焼肉の違いとは?の内容になります。

スポンサーリンク



コメントを残す

このページの先頭へ