Sponsored Link

「違いの雑学」義援金と支援金の違いとは?

募金箱

義援金と支援金の違い

東日本大震災など大きな震災のあとに、募金に応じたという方は多いでしょう。
よく聞いたのが義援金、そして支援金という言葉ですね。
さて、義援金と支援金の違いはわかるでしょうか?
(参考:Yahoo復興支援HP)

義援金とは?

義援金は被災者の方に直接、渡されるお金のことです。
主に日本赤十字社や中央共同募金会といった団体で受け付けられ、そこから被災した自治体へ送られ、さらに配分委員会の決定によって被災者の方々に分配されます。
配分を決めるには時間が必要なので、実際に被災者の方に届くまでに時間がかかると言われています。

支援金とは?

支援金は被災地で活躍する災害支援のNPOやNGOに対して支払われるお金のことです。
NPOやNGOの活動内容は医療、炊き出し、メンタルのケアなどいろんな分野があります。
被災地の実情に合わせて活動している団体に、柔軟にお金を使って役立ててもらえる、というメリットがあります。

義援金と支援金の違いまとめ

義援金と支援金

・義援金とは、被災者の方々に直接渡されるお金のことです。配分までに時間がかかるケースも多いようです。
・支援金とは、被災地で活動するNPOやNGOといった支援団体の活動のために支払われるお金のことです。

どちらも気持ちのこもった大事なお金であることはかわりません。
ただ、非常時につけこんで義援金詐欺などをはたらくやっかいな人たちがいるのも現実です。
義援金を送る際には直接、赤十字社や共同募金会、または自治体に寄付のお金を預ける方がいいでしょう。
また支援金を送りたいけど、たくさん団体がありすぎてどこに送ったらいいのかわからないといった方のために参考情報を提供してくれる仕組みがあるので利用するといいでしょう。
以上が「違いの雑学」義援金と支援金の違いとは?の内容になります。

スポンサーリンク



コメントを残す

このページの先頭へ