Sponsored Link

「違いの雑学」信用金庫と銀行の違いとは?

銀行

信用金庫と銀行の違い

街を歩いていると、〇〇銀行や〇〇信用金庫といった金融機関の店舗をよく見ますね。
どちらも金融機関ですが、さて信用金庫と銀行の違いがわかるでしょうか?
(参考:全国信用金庫組合)

信用金庫とは?

信用金庫は特定の地域の人たちが会員になりお金を出し合ってつくる協同組合という形をとっている金融機関です。
おもな取引先は地域の中小企業や個人の方です。
預かったお金は地元の人たちに融資されることで地域の経済の発展に役立つようになっています。

銀行とは?

銀行は株主の利益が優先される株式会社であり、利益を出すことが目的になる営利目的の金融機関です。
おもな取引先は大企業になります。

信用金庫と銀行の違いまとめ

銀行と信用金庫

・信用金庫は特定の地域の人たちが出資してつくる協同組織の金融機関です。
取引先には地域の中小企業や個人が多いです。
・銀行は株式会社であり、営利目的の金融機関です。
取引先には大企業が多いです。

どちらも金融サービスを提供していますが、その目的や組織のなりたち、取引を行う相手などいろいろと違いがありますね。
信用金庫のほうが地元に密着したサービスを提供しているといえるでしょう。
以上が「違いの雑学」信用金庫と銀行の違いとは?の内容になります。

スポンサーリンク



コメントを残す

このページの先頭へ