Sponsored Link

「違いの雑学」強力粉と薄力粉の違いとは?

小麦粉

強力粉と薄力粉の違い

毎日のように、パンやお菓子を食べる機会がありますね。
ケーキでお茶をしたり、昼食にうどんを食べたり、小麦粉で作られた食品はたくさんあります。
小麦粉にもいろんな種類がありますね。
自分で買おうとしたときに強力粉と薄力粉のどちらを買えばいいのか、迷ったことはないでしょうか。
強力粉と薄力粉の違いってわかりますか?
(参考:日清製粉HP)

強力粉とは?

強力粉は硬い小麦から作られています。
たんぱく質を多く含み、弾力性があります。
しっかりとこねればこねるほどに弾力がでてもちもちした食感になってくれます。
パンやピザ、中華めん、ギョウザの皮などを作るのに向いています。

薄力粉とは?

薄力粉は軟らかい小麦から作られています。
たんぱく質が少なめで、粒のきめが細かく適度なやわらかさがあります。
ふんわりとした食感になってくれるのが魅力です。
ケーキやクッキー、天ぷらの衣などに向いています。

強力粉と薄力粉の違いまとめ

強力粉と薄力粉

・強力粉は硬い小麦から作られたたんぱく質の多い小麦粉です。
パンや中華めんなどに使います。
・薄力粉は軟らかい小麦から作られたたんぱく質の少ない小麦粉です。
ケーキや天ぷらの衣に使います。

小麦粉にはグルテンというたんぱく質が含まれています。
弾力性を発揮してくれるグルテンの量が多くて性質が強いのが強力粉、グルテンの量が少なくて性質が弱いのが薄力粉、といった分類になります。
ちなみに中間には中力粉というタイプもあります。
中間質の小麦から作られていて、うどんやそうめんなどの麺類に使われています。
以上が「違いの雑学」強力粉と薄力粉の違いとは?の内容になります。

スポンサーリンク



コメントを残す

このページの先頭へ