Sponsored Link

「違いの雑学」イモリとヤモリの違いとは?

イモリ

イモリとヤモリの違い

家の壁にみかけたトカゲみたいな生きものってなに・・・?って思ったことはないでしょうか。
パッと見はトカゲだと思ってもトカゲとは限りません。
じゃあ、ヤモリかな、いや、イモリかな・・・わかりにくいですね。
イモリとヤモリの違いがわかるでしょうか?
(参考:allabout)

イモリとは?

イモリは漢字で書くと「井守」となり、井戸のなかの害虫を食べてくれるということからこの名前があります。
カエルなどと同じく両生類です。
水中・陸上の両方で生活しますが、皮膚はつねに濡れています。
おなかが赤いという点も大きな特徴です。

ヤモリとは?

ヤモリは漢字で書くと「家守」となり、ハエや蚊などの害虫を食べてくれるんです。
トカゲやヘビなどと同じく爬虫類で、皮膚は乾燥しています。
陸で生活していて、動きはけっこう早いんですよ。

イモリとヤモリの違いまとめ

・イモリは水中・陸上の両方で生活できる両生類で皮膚が常に濡れています。
背中が黒褐色でおなかが赤いという強い色味です。
・ヤモリは陸上で生活する爬虫類で、皮膚は乾燥しています。
背も腹も白っぽい色味です。

ほかにもまぶたの有無や爪の有無など、イモリとヤモリはたくさんの違いがあります。
ヤモリの足の裏側にはものすごく細かい毛が生えていて、ぴたりと壁面に張りつくようになっています。
その能力に注目して研究などもすすんでいるそうですよ。
以上が「違いの雑学」イモリとヤモリの違いとは?の内容になります。

スポンサーリンク



コメントを残す

このページの先頭へ