Sponsored Link

「違いの雑学」楓(カエデ)と紅葉(モミジ)の違いとは?

モミジ

楓(カエデ)と紅葉(モミジ)の違い

秋になるといろとりどりの美しい紅葉を楽しむために出かけることがありますね。
日本の自然を満喫できる、秋の大きな楽しみの一つと言えるでしょう。
色づいた葉を見ては、楓と言ったり紅葉と言ったりしますね。さて、楓と紅葉の違いはわかるでしょうか?
(参考:森林・林業学習館)

楓とは?

楓とはカエデ科カエデ属の植物で、通常葉の切れこみの浅い方を指します。
カエデという言葉は葉のかたちがカエルの手に似ているということで「かへるで」が変化していって「カエデ」になったと言われています。

紅葉とは?

紅葉とはカエデ科カエデ属の植物で、通常葉の切れこみの深い方を指します。
モミジという言葉は、植物が黄色や赤色に変化していくことを表す動詞「もみず」に由来していると言われています。

楓と紅葉の違いまとめ

モミジと楓の違い

・楓は「かへるで」という語が変化してできた言葉で、葉の切れこみが浅いカエデをいいます。
・紅葉は「もみず」という動詞から変化したできた言葉で、葉の切れこみが深いカエデを言います。

どちらもカエデ科カエデ属の植物なので、植物学上は分類しているわけではありません。
ただ園芸などでは葉の形で区別しているようですね。秋になったら、ぜひその葉の形もよく見てみるといいでしょう。
以上が「違いの雑学」楓と紅葉の違いとは?の内容になります。

スポンサーリンク



コメントを残す

このページの先頭へ