Sponsored Link

「違いの雑学」アナログとデジタルの違いとは?

デジタル

アナログとデジタルの違い

身の回りにはいろんな器具がありますね。
デジタル機器を使う機会が多くなりましたし、デジタルのほうが進んでいて、アナログは遅れているというイメージもなんとなくありますね。
よく使う言葉ですが、説明するとなるとなかなか難しいそんな言葉です。
アナログとデジタルの違いがわかるでしょうか?
(参考:Digiland)

アナログとは?

アナログとは、機械で情報を扱うときに、ある情報を別の連続的な物理量の変化と対応させて表現する方法のことです。
たとえば、時計は「時間」という情報を示す時に、「時計の針の角度」という連続した量の変化で表現しますね。
体重計なら「体重」という重量の情報を、「体重計の針の角度」という連続した量の変化で示します。
温度計なら「気温」という情報を「温度計のなかの液体の量」という別の連続した量の変化に関連付けて表します。
アナログのメリットとしては、情報をそのまま記録するにはアナログのほうがあつかえる情報量は多い点があります。
時計の針の角度など、パッと見たら情報を把握できるので直感的にとらえやすいという点も特徴です。
ところが、記録したデータの劣化というやっかいな弱点があるんです。
レコードのノイズや磁気テープの摩耗や切断などがあげられます。最初は情報を正確に記録できても、保存、伝送、複製、再生においてどんどん劣化してしまいます。

デジタルとは?

デジタルとは、機械で情報を扱うときに、ある情報を離散的な量、すなわち数値によって表現される方法のことです。
たとえば時計なら「時間」という情報を示す時に「時:分」といった数値で表現しますね。
デジタルの場合、数値化にともなって誤差がどうしても生じるというデメリットはあります。また、写真の解像度など情報を再現するにはデータが肥大化しやすいです。
デジタルのメリットは劣化に耐えやすい、長期の情報の保存に向いているという点があります。
保存、伝送、複製、再生をくりかえしてもデータが変質しない、さまざまな情報を数値の集合として扱うので保存する媒体を選ばないということで重宝されているわけです。

アナログとデジタルの違いまとめ

デジタルとアナログ

・アナログとはある情報を別の連続的な量の変化で表現する方法です。情報が発生したときにそのまま保存しておくにはよかったんですが、劣化というデメリットがあります。
・デジタルとはある情報を数値によって表現する方法です。数値化によって誤差は生じますが、情報の劣化に耐えやすい、保存する媒体を選ばないというメリットがあります。

アナログというとなんだか古くさいというイメージを持つ人もいるかもしれませんが、アナログレコードの音のやわらかさやフィルム写真の質感には得がたい魅力があります。
それぞれの特長を知ったうえでさらに上手に使えるといいですね。
以上が「違いの雑学」アナログとデジタルの違いとは?の内容になります。

スポンサーリンク



コメントを残す

このページの先頭へ