Sponsored Link

「違いの雑学」フリーターとニートの違いとは?

ニートとフリーター

フリーターとニートの違い

今の職場では正社員ばかりが働いているところは少ないでしょうね。
バイト、パート、派遣、いろんな形態で働く人たちがいますね。
フリーターという言葉を聞くようになって久しいです。
一方でニートという言葉も聞くようになりました。
さて、フリーターとニートの違いってわかりますか?
(参考:厚生労働省)

フリーターとは?

フリーターは、正社員ではなくパートやバイト、派遣などの非正規雇用で働くひと、または非正規雇用で働くことを希望している無職の人のことを指します。
もともとフリーランス・アルバイターの略です。
厚生労働省の定義によれば以下のようになっています。
中学校卒業後の年齢15歳から34歳(以下若年者)で、在学していない者のうち、以下の条件を満たす者
1. 現在就業している者については、勤め先における呼称が「アルバイト・パート」である雇用者
2. 現在無業の者については、家事も通学もしておらず「アルバイト・パート」の仕事を希望する者
ひとたびフリーターの状態になるとその後正社員になることが難しいことも多く、低収入の状況や不安定な雇用から抜け出せなくなるといった問題点が指摘されています。
また、安定した収入を得られないとなると結婚ができない、家庭を築くことが難しい、といった社会全体の問題につながっています。

ニートとは?

ニートは、日本では15~34歳までで就学も就労も家事も行っていない若年無業者のことを指します。
もともとはイギリスの労働政策から出てきた用語である「Not in Employment, Education or Training」の頭文字をとってNEETからきています。
ニートの状態になると、人間関係を築きにくくなる、ひきこもりがちになる、などの点が指摘されています。

フリーターとニートの違いまとめ

ニートとデジタル

・フリーターとは、パートやバイト、派遣などの非正規雇用で働くひと、または非正規雇用で働くことを希望している無職の人のことです。
・ニートとは、15~34歳までで通学も通勤も家事も行っていない若年無業者のことです。

パートやバイト、派遣などで働いていればフリーターという扱いになります。また、たとえ無職であっても働く意思があればフリーター、なければニートということになります。
いろんなところで使われる言葉なんですが、いまもって定義はやや曖昧なようです。

以上が「違いの雑学」フリーターとニートの違いとは?の内容になります。

スポンサーリンク



コメントを残す

このページの先頭へ