Sponsored Link

「違いの雑学」サケとシャケの違いとは?

鮭とシャケ

サケとシャケの違い

お弁当屋さんの定番メニューである鮭弁、食べたことがある人も多いでしょう。
鮭のことを「サケ」と言ったり「シャケ」と言ったり
人によって呼び方が分かれますね。
サケとシャケの違いってわかりますか?
(参考:サケwikipedia)

サケとは?

サケとはサケ目サケ科サケ属の魚のことです。秋から冬にかけて産卵のために川をのぼることが有名ですね。
産卵期の成魚は70~80センチ、大きければ90センチくらいになります。
日本でよく漁獲されるシロザケ、欧米のアトランティックサーモンなどいろんな鮭がいます。
くせがなく脂ののった鮭はとくに美味で、古くから食用魚として食べられてきました。また卵も筋子やいくらとして人気があります。寿司や汁物、焼き物など様々なメニューがあります。

シャケとは?

シャケとは鮭の呼び方のひとつです。
鮭はサケという読みかたが本来ではあるものの、江戸時代に「さしすせそ」をうまく発音できずに「しゃけ」となまって発音するようになったという説があります。
他にもシャケは関東地方の方言・読み方であるという説や、日本海側では鮭のことを「シャケ」と呼んだという説や、鮭のなかでもシロザケのことをシャケと呼んだという説など
諸説あります。

サケとシャケの違いまとめ

サケとシャケの違い

・サケとはサケ目サケ科サケ属の魚のことです。日本では古くから食用として親しまれてきました。
・シャケとは鮭の呼び方のひとつです。方言であるという説やサケのなかのある種をシャケと呼んだ説など諸説あります。

サケもシャケも鮭のことを指しているのですが、ふたつの呼び名があることについてはいろんな説があります。
以上が「違いの雑学」サケとシャケの違いとは?の内容になります。

スポンサーリンク



One Response to “「違いの雑学」サケとシャケの違いとは?”

  1. 匿名 より:

    サケは調理していない物しゃけは調理されている物

コメントを残す

このページの先頭へ