Sponsored Link

「違いの雑学」おにぎりとおむすびの違いとは?

おにぎり

おにぎりとおむすびの違い

お弁当におにぎりをつくって遠足にもっていく、コンビニでおにぎりを買う、日本での毎日の生活のなかでなじみ深い食べ物におにぎりがあります。
ひとによってはおむすび、といういい方もしますね。
さて、おにぎりとおむすびの違いってわかりますか?
(参考:日本おにぎり協会)

おにぎりとは?

おにぎりとは、握り飯を丁寧に言った言葉です。
おにぎりは農民など庶民の言葉であったとも言われています。
三角形のほかに俵型や丸型など他の形でもいいようです。西日本ではおにぎりという言い方が多いという説もあります。

おむすびとは?

おむすびとは、握り飯を丁寧に言った言葉で、山の神様の力を授かるために山の形をかたどった米を食べた、というのが起源と言われています。
おむすびの形状は山の形、つまり三角形に握ることで区別するという説はここからきているようです。おにぎりを平安時代の貴族の女性たちの言葉に言い換えたのがおむすびである、という説もあります。東日本ではおむすびという言い方が多いという説もあります。

おにぎりとおむすびの違いまとめ

おにぎりとおむすび

・おにぎりとは握り飯を丁寧に言った言葉で、握られた米の形にはこだわらないものです。
・おむすびとは握り飯を丁寧に言った言葉で、とくに三角形に握ったものです。

おにぎり・おむすびの起源はかなり古く、弥生時代には食べられていたそうです。
地域や人によって呼びかたが違うようですが、それぞれの言葉の由来にはいろんな説があります。
ただ実際のところ、現代のおにぎりとおむすびには大きな差はないようです。いろんな具材をあわせてもまとまってくれる、懐の深い食べものです。
以上が「違いの雑学」おにぎりとおむすびの違いとは?の内容になります。

スポンサーリンク



コメントを残す

このページの先頭へ