Sponsored Link

「違いの雑学」殺菌と除菌の違いとは?

除菌

殺菌と除菌の違い

毎日の生活の中で洗剤をつけて手を洗うことはなんかいもありますね。
まな板やマグカップなどを漂白剤で除菌することもありますね。
同じような感覚で使っている殺菌と除菌ですが、違いがわかりますか?
(参考:scottle)

殺菌とは?

殺菌とは、細菌を殺すことですが、効果の程度までは含まれません。
医薬品や、薬用石鹸などの医薬部外品で使用できる語であることが薬事法で決まっています。
でも洗剤や漂白剤では殺菌という言葉は使えないことになっています。

除菌とは?

除菌とは、水で洗う、ふき取る、濾過する、といったいろんな方法で物理的に微生物を取り除くことです。
微生物を完全に取り除くことができるとは限りません。洗剤や漂白剤には除菌という言葉が表示されます。

殺菌と除菌の違いまとめ

殺菌と除菌

・殺菌は細菌を殺すことですが、程度までは表せません。医薬品や医薬部外品でないと殺菌という言葉を表示することができません。
・除菌は微生物を取り除くことです。でも微生物を完全に取り除けるとは限りません。洗剤や漂白剤の表示に使われる言葉です。

商品によって、薬事法という法律で表示することができるかどうか決まっている、という点が大きな違いのようですね。
殺菌のほうがなんだか強力そうなイメージがありますが、威力の程度で分けているというものでもないようです。
以上が「違いの雑学」殺菌と除菌の違いとは?の内容になります。

スポンサーリンク



コメントを残す

このページの先頭へ