Sponsored Link

「違いの雑学」スナックとパブの違いとは?

スナック

スナックとパブの違い

街中には大人のためのお店がたくさん並んだ通りがありますね。
スナックにパブ、ガールズバーやキャバクラ、なにがなんだかよくわからない店までさまざまです。
さて、スナックとパブの違いはわかるでしょうか?
(参考:スナックバーwikipedia)

スナックとは?

スナックは日本では一般的にカウンターごしに接客し、お酒や軽食を提供する飲食店のことをいいます。
お酒以外にもスナック(軽食)を提供するバー、というのが名前の由来のようです。
店主は女性であることが多く、客からはママと呼ばれます。ママや周りのお客と会話を楽しんだりカラオケを歌ったりといったサービス内容になっていることが多いです。

パブとは?

パブはもともと、イギリスで発達した酒場のことで、かつては街のなかで宿泊所や雑貨屋などの役割も果たしたので社交場としてパブリック・ハウスと呼ばれその略称がパブになったそうです。
現在でもイギリスには多くのパブがありますが、お酒の提供がメインのようです。
日本ではカウンターやテーブルのある店内でお酒を飲む洋風の居酒屋を指していました。
ただ近年は本来のパブのイメージとはかなり異なるタイプの店も増えているようです。

スナックとパブの違いまとめ

スナックとパブ

・スナックはカウンターごしにお酒、軽食を提供してくれるお店です。ママがひとりで、または少人数で運営していることが多いです。
・パブはもともとはイギリスのバーで、お酒の提供がメインのサービスです。日本ではイギリスのスタイルを模した店もあれば風俗店がパブを名乗っていることもあります。

スナックはつまみなどのフードがメイン、パブはお酒がメインのサービスという分類もできそうですが、いろんなスタイルの店があって、明確に分けることは難しいようです。
以上が「違いの雑学」スナックとパブの違いとは?の内容になります。

スポンサーリンク



コメントを残す

このページの先頭へ