Sponsored Link

「違いの雑学」御社と貴社の違いとは?

言葉の違い

御社 と貴社の違い

ビジネスで使うことの多い言葉である御社と貴社、どちらも相手の会社への敬意を示す言葉ですね。
でも使いわけを知っておかないと恥をかくことになるかもしれません。
御社と貴社の違いがわかるでしょうか?
(参考:例文JP)

御社とは?

御社とは、相手の会社に対する敬称で話す時に使われます。
面接や電話応対のときには「御社」を使います。

貴社とは?

貴社とは、相手の会社に対する敬称で文書を書くときに使われます。
ビジネスレターやビジネスメールでは「貴社」を使います。

御社と貴社の違いまとめ

貴社と御社の違い

・御社とは、相手の会社に対する敬称で話す時に使われます。面接や電話応対のときには「御社」を使います。
・貴社とは、相手の会社に対する敬称で文書を書くときに使われます。ビジネスレターやビジネスメールでは「貴社」を使います。

日本語には同じ音でも意味が違う言葉(同音異義語)が多く、「キシャ」と言う音では貴社、記者、帰社、どれを指しているのかわからないということになりかねません。
そこで話し言葉のなかでは「御社」を使うようにしているというわけです。
ビジネスシーンで使いわけるのが慣習になっているので、それにならっておくほうがいいでしょう。
ちなみに団体の場合ですが、貴法人や貴協会といった敬称がよく使われるようですね。
以上が「違いの雑学」御社と貴社の違いとは?の内容になります。

スポンサーリンク



コメントを残す

このページの先頭へ