Sponsored Link

「違いの雑学」幼稚園と保育園の違いとは?

幼稚園と保育園

幼稚園と保育園の違い

小さなお子さんを預けて働きに出ている親御さんは多いですね。
預かってくれる施設としては幼稚園と保育園のふたつがありますが、
では幼稚園と保育園の違いがわかるでしょうか?
(参考:ハッピーママ.com)

幼稚園とは?

幼稚園は、教育を行う学校であり、文部科学省の管轄になります。
対象年齢が満3歳~5歳であり、預けておける時間が9~14時までの5時間が原則ですが16時くらいまで、またはそれ以上に延長できることも多いようです。
幼稚園によって給食があったりお弁当だったり、食事のシステムはさまざまのようです。

保育園とは?

保育園は、親に変わって保育を行う場所であり、厚生労働省の管轄になります。
対象年齢が0歳~5歳であり、預けておける時間が9~17時までの8時間が基本ですが、さらに延長保育を行ってくれるところも多いようです。
食事は給食を提供することが義務付けられています。

幼稚園と保育園の違いまとめ

幼稚園

・幼稚園は満3歳~5歳を対象にした学校の一種であり、預けておける時間は基本的には5時間です。
・保育園は0歳~5歳を対象にした児童福祉施設であり、預けておける時間は基本的には8時間です。

同じようなイメージでとらえがちですが、そもそもの施設の目的や位置づけがちがいますね。
対象年齢や預けられる時間などは大きな違いと言えるでしょう。
施設への入りやすさという点では幼稚園のほうが入りやすいという傾向もあります。
幼稚園の受け入れ年齢がだんだん低下してきている傾向もあり、保育園と近づいてきている部分はあります。
以上が「違いの雑学」幼稚園と保育園の違いとは?の内容になります。

スポンサーリンク



コメントを残す

このページの先頭へ