Sponsored Link

「違いの雑学」正社員と契約社員の違いとは?

正社員と契約社員の違い

正社員と契約社員の違い

いまはいろんな就業形態で働くひとがいますね。正規職員とは別に契約社員という形で雇用される人もいます。
では正社員と契約社員の違いってわかりますか?
(参考:バイトル.com)

正社員とは?

正社員は会社に直接雇用されている職員のうち、契約期間の定めがない雇用契約を結んでいるひとのことです。
契約終了の期間が決まっていないので、定年がある会社なら定年まで、定年のない会社なら働ける間は契約が続くことになります。

契約社員とは?

契約社員は会社に直接雇用されている職員のうち、働く期間が決まっている雇用契約を結んでいるひとのことです。
通常は3年を上限にしていつまで働くのかが決まった契約を結びます。契約が更新されたら続けて働くこともありますが、更新されなければ期間満了により契約は終了します。
専門的な職業や60歳以上の労働者の場合は雇用契約の上限が5年になります。
実際のところ契約社員の定義は会社によってまちまちの場合もあります。

正社員と契約社員の違いまとめ

正社員と契約社員の違い

・正社員は会社に直接雇用されている職員のうち、契約期間の定めがない雇用契約を結んでいるひとのことです。
・契約社員は会社に直接雇用されている職員のうち、働く期間が決まっている雇用契約を結んでいるひとのことです。

正社員も契約社員も労働者として労働基準法によって保護されていますが、契約期間に定めがあるかないか、が大きな違いと言えるでしょう。
有期雇用の場合は契約の更新がない、いわゆる雇止めといったトラブルも多く、働き続けるのが難しい側面はあります。
以上が「違いの雑学」正社員と契約社員の違いとは?の内容になります。

スポンサーリンク



コメントを残す

このページの先頭へ