Sponsored Link

「違いの雑学」キャンディとドロップの違いとは?

キャンディとドロップ

キャンディとドロップの違い

子供のころから親しんだ身近なおやつとして、キャンディやドロップがありますね。
口の中でころころと転がして、甘味を楽しんだものです。
ではキャンディとドロップの違いってわかりますか?
(参考:キャンディ ドロップwikipedia)

キャンディとは?

キャンディは砂糖や水あめを煮詰めてから冷やして固めた小さなお菓子の総称です。
大きく分けてハードキャンディとソフトキャンディがあります。140~160℃の高温で煮詰めたタイプをハードキャンディ、100~125℃の中温で煮詰めたタイプをソフトキャンディといいます。
ハードキャンディにはドロップとタフィーがあります。タフィーにはバターの味のつよいバタースカッチや、ナッツやチョコレート、コーヒーなどの味を加えたものがあります。
ソフトキャンディにはキャラメルやヌガーがあります。柔らかい食感が特徴です。

ドロップとは?

ドロップはキャンディの一種でハードキャンディになります。
砂糖と水あめを高温で煮詰めて、クエン酸や香料などを加えて冷やし固めて作ります。
やわらかいうちに金属製の型で成形するので球形や角型などいろんな形がありますね。フルーツ味など酸味のあるものが多いです。

キャンディとドロップの違いまとめ

キャンディとドロップの違い

現在のキャンディは多くが明治時代以降に外国から入ってきたり、国内でつくられるようになったりしたものです。
ちいさなお菓子としてこれからも愛されることでしょうね。
以上が「違いの雑学」キャンディとドロップの違いとは?の内容になります。

スポンサーリンク



コメントを残す

このページの先頭へ