Sponsored Link

「違いの雑学」ピクニックとハイキングの違いとは?

ピクニック

ピクニックとハイキングの違い

天気のいい日に屋外でみんなでお弁当を広げて食べたり、ボール遊びをしたり、楽しいものですね。
学校で遠足に行った経験のある人は多いでしょう。
日本ではピクニックもハイキングも同じようなイメージ、という感じがします。
ピクニックとハイキングの違いってわかりますか?
(参考:ピクニックwikipedia)

ピクニックとは?

ピクニックとは、野山や公園、湖のほとりなど景色のいい屋外でランチなどを食べて楽しむことです。
気持ちのいい戸外で食事を楽しめばいいので、必ずしも長いあいだ外を歩かなくてもいいんですね。

ハイキングとは?

ハイキングとは、運動をするために野山を歩いて散策すること、自然散策を楽しむことです。
ハイキングの場合は自然のなかを自分で歩く、という行動がメインなので必ずしも食事をとって楽しむわけではないんです。

ピクニックとハイキングの違いまとめ

ピクニックとハイキング

・ピクニックは野山や公園、湖のほとりなど景色のいい屋外でランチなどを食べて楽しむことです。
・ハイキングは運動をするために野山を歩いて散策すること、自然のなかを散策をすることです。

家の裏庭や近所の公園で食事を楽しむことはピクニックといえますが、ハイキングにはならないんですね。
英語圏ではハイキングにはけっこうハードなイメージがあるようです。
おなじイメージで使っていても、日本ではあまり困らないと思いますが、アメリカなどでハイキングに参加することになったら、それなりにスポーツをする感覚で参加する方がいいかもしれません。
以上が「違いの雑学」ピクニックとハイキングの違いとは?の内容になります。

スポンサーリンク



コメントを残す

このページの先頭へ