Sponsored Link

「違いの雑学」宅配便と宅急便の違いとは?

宅急便

宅配便と宅急便の違い

友人や家族に荷物を送ったり、ネット通販で買い物をして自宅に商品を届けてもらったり、なにかと便利な宅配便というサービスがあります。
利用したことがある方は多いでしょう。
宅配便と宅急便を似たような感覚で使っていますね。
宅配便と宅急便の違いがわかるでしょうか?
(参考:宅配便 宅急便 wikipedia)

宅配便とは?

宅配便は個人のお宅に小型の荷物を配送するサービスの総称です。
日本国内なら離島などの一部のエリアをのぞいて翌日から翌々日には届くというスピードが人気です。
単に荷物を送り届けるだけでなく、冷蔵・冷凍食品の配送やゴルフ場や空港などへの荷物の配送などさまざまなサービスを展開しています。

宅急便とは?

宅急便はヤマト運輸が提供している宅配便の登録商標です。
ほかの運送会社が宅急便という名称を使うことはできないんですね。
1976年に開始された宅急便はその手軽さがうけて急速にサービスが広がったそうです。

宅配便と宅急便の違いまとめ

宅配便と宅急便の違い

・宅配便は個人のお宅に荷物を配送するサービスの総称です。
・宅急便はヤマト運輸が提供している宅配便の登録商標です。

同じような感覚で使っている言葉ですが、宅急便という言葉が特定の会社の登録商標であるというのは大きな違いですね。
宅配便サービスのなかでヤマト運輸さんのシェアが大きいということもあって、混同されてしまっているようです。
以上が「違いの雑学」宅配便と宅急便の違いとは?の内容になります。

スポンサーリンク



コメントを残す

このページの先頭へ