Sponsored Link

「違いの雑学」アパートとマンションの違いとは?

アパートとマンション

アパートとマンションの違い

不動産の物件を探す時にアパート、マンション、ハイツ、コーポなどいろんな名称を見かけますね。
イメージとしてはアパートのほうが家賃が安め、マンションのほうがセキュリティなどしっかりしているけど
家賃が高めといった感じがあります。
さて、アパートとマンションの違いってわかりますか?
(参考:スーモジャーナル)

アパートとは?

アパートとは、木造、プレハブ造、軽量鉄骨造などの構造をもつ、1~2階建て程度の小規模で低層な集合住宅です。
音が聞こえやすい、エレベーターがないなどのデメリットはありますが、家賃は安く抑えることができます。

マンションとは?

マンションとは、鉄筋コンクリート造、鉄骨鉄筋コンクリート造など耐火構造の建物で、大規模な高層タイプにすることもできる集合住宅です。
遮音性が高く、エレベーターがついていたりオートロックだったりという機能面のメリットは大きいですが、気密性が高いので湿気に悩んだり家賃が高めになったりというデメリットもあります。

アパートとマンションの違いまとめ

アパートとマンションの違いい

・アパートとは、木造、プレハブ造、軽量鉄骨造などの構造をもつ、1~2階建て程度の小規模で低層な集合住宅です。
・マンションとは、鉄筋コンクリート造、鉄骨鉄筋コンクリート造など耐火構造の建物で、大規模な高層タイプにすることもできる集合住宅です。

アパートとマンションの違いは、厳密には決まっていないので不動産業者が一般的なイメージに従って決めている、というのが実情のようです。
引越しなどで物件を選ぶときには呼び名ではなく、建物の構造に注意して選ぶことが重要になりそうです。
ちなみに英語でマンションというと大金持ちの豪邸という意味になってしまうので、ちょっと注意が必要ですね。
以上が「違いの雑学」アパートとマンションの違いとは?の内容になります。

スポンサーリンク



コメントを残す

このページの先頭へ