Sponsored Link

「違いの雑学」定規と物差しの違いとは?

定規

定規と物差しの違い

図を描いたり直線を引いたりするときに定規を使って線を引くことがありますね。
きれいに線を引くことができます。よく似たアイテムで物差しというものがあります。
さて、定規と物差しの違いってわかりますか?
(参考:定規 wikipedia)

定規とは?

定規とは、筆記用具をあてがって直線や曲線を描くために用いる道具です。
目盛つきの定規は多いですが、仮に目盛がついていなくても定規をしての役割は果たせます。
カッターナイフをあてて、定規の形に沿って紙などをカットするときにも便利です。
直線定規だけでなく、三角定規、雲形定規、T型定規などいろんな形があります。

物差しとは?

物差しとは、物体の長さを測るための道具です。
だから端から目盛りがふられています。
まっすぐで細長い形状の物差しが主流です。

定規と物差しの違いまとめ

定規と物差しの違い

・定規とは、筆記用具をあてがって直線や曲線を描くために用いる道具です。
直線定規、三角定規、雲形定規、T型定規などいろんな形があります。
・物差しとは、物体の長さを測るための目盛のついた道具です。基本的に直線状の物差しが主流です。

本来の役割には多いな違いがありますね。でも細長い直線状の形が似ているので定規と物差しは混同されがちのようです。
以上が「違いの雑学」定規と物差しの違いとは?の内容になります。

スポンサーリンク



コメントを残す

このページの先頭へ