Sponsored Link

「違いの雑学」寂しいと淋しいの違いとは?

言葉の違い

寂しいと淋しいの違い

ひとりぼっちでさびしいなぁ・・という気持ちを感じるときはだれにでもあるものです。
そんな感情を示す言葉に寂しい、と淋しいがあります。
読みかたとしてはどちらもさびしい、さみしいでいいのですが、寂しいと淋しいの違いってわかりますか?
(参考:語源由来辞典)

寂しいとは?

寂しいとは、「家」を表す「うかんむり」に、「細くて小さい」という意味の「叔」からなる語で、家のなかがひっそりと静かになっているさまを示しています。
漢字にもともと「さびしい」という意味がありますね。
常用漢字とされているのは「寂しい」のほうです。
公的な文書や教科書などでは「寂しい」が使われています。

淋しいとは?

淋しいとは、「水」を意味する「さんずい」と、「たえまなく続く」という意味の「林」からなる漢字で、絶え間なく液体が滴るさまを表しています。
淋しいの漢字にもともとは「さびしい」という意味はないのですが、淋雨のような長雨に降られて行き場のない感じから派生した、涙を連想させた、といったイメージによる
発展からできた語のようでうす。
主観的なさびしさ、悲しみを表現するときに使うという傾向があるようです。

寂しいと淋しいの違いまとめ

寂しいと淋しいの違い

・寂しいとは、「家」を表す「うかんむり」に、「細くて小さい」という意味の「叔」からなる語で、家のなかがひっそりと静かになっているさまを示しています。
・淋しいとは、「水」を意味する「さんずい」と、「たえまなく続く」という意味の「林」からなる漢字で、絶え間なく液体が滴るさまを表しています。

「寂しい」はひと気が無くて静かな様子、景色が荒れている様子、客観的な状況を示す時に使い、「淋しい」は泣けてくるような気持ち、主観的な感情を示すときに使うという傾向はあるようです。
ただ、明確な使い分けの基準がはっきりとあるわけでもないようです。
迷った時には「寂しい」のほうが確実といえるでしょう。
以上が「違いの雑学」寂しいと淋しいの違いとは?の内容になります。

スポンサーリンク



コメントを残す

このページの先頭へ