Sponsored Link

「違いの雑学」取締役と執行役員の違いとは?

取締役

取締役と執行役員の違い

社会人になると、いろんな方から名刺を頂く機会がぐんと増えます。
名刺にはいろんな肩書きが記載されています。たくさんあって区別がつかない、なんてことはないでしょうか。
取締役と執行役員の違いってわかりますか?
(参考:取締役 wikipedia)

取締役とは?

取締役は、株式会社には必ず設けなくてはいけない機関で、企業の意思決定の権限をもっています
取締役会を置いている企業の場合は、取締役会を構成するメンバーになります。
取締役という役員の立場にある人たちは従業員ではありません。かつて従業員だった人たちも一度退職してから役員になります。

執行役員とは?

執行役員は、取締役・取締役会が決めたことを実践して、企業の業務執行を行います
執行役員は従業員のままでも就くことが可能です。

取締役と執行役員の違いまとめ

取締役と執行役員の違い

・取締役は、株式会社には必ず設けなくてはいけない機関で、企業の意思決定の権限をもっています。取締役会を置いている企業の場合は、取締役会を構成するメンバーになります。
・執行役員は、取締役・取締役会が決めたことを実践して、企業の業務執行を行います。

取締役が決めたことを執行役員が行っていく、という役割の分担になっています。
順序としては取締役のほうが、執行役員よりも立場が上になります。
かつては取締役会が決定も実践も両方を行っていました。
でも効率のいい経営をするために、大きな会社では意思決定を行う側と、実際に業務を行う側とを分ける傾向が広がりました。
以上が「違いの雑学」取締役と執行役員の違いとは?の内容になります。

スポンサーリンク



コメントを残す

このページの先頭へ