Sponsored Link

「違いの雑学」褒めると誉めるの違いとは?

褒める

褒めると誉めるの違い

テストでいい点数をとったときや試合に勝ったときにひとにほめられると、とても嬉しいですね。
ほめる、という言葉には褒めると誉めるという二つの漢字があります。
では褒めると誉めるの違いってあるのでしょうか?
(参考:goo辞典)

褒めるとは?

褒めるはよい行いをした人に報いるためにお返しをすること、たたえることです。
褒美、褒賞金など善行にたいして金品を与えることに由来するようです。

誉めるとは?

誉めるは意味としては褒めると同じです。
ただ、誉めるという使い方は常用外の使い方です。

褒めると誉めるの違いまとめ

褒めると誉めるの違い

・褒めるはよい行いをした人に報いるためにお返しをすること、たたえることです。
褒美、褒賞金など善行にたいして金品を与えることに由来するようです。
・誉めるは意味としては褒めると同じです。

ただ、誉めるという使い方は常用外の使い方です。
意味としては同じと考えておいていいようです。ただ、褒めるのほうが一般的な漢字です。
以上が「違いの雑学」褒めると誉めるの違いとは?の内容になります。

スポンサーリンク



One Response to “「違いの雑学」褒めると誉めるの違いとは?”

  1. 匿名 より:

    ある国語学者の講演で聞いた話として。
    褒めるは、昔、着物は大切なもので、何度も何代も使い続けおしめやぞうきんになるまで使い切りました。そこから、「衣」を「保」存するのが上手な人が褒められたことからこの漢字が出来たとか。
    また、誉めるは、名誉や誉(ほまれ)の意味なので大会で優勝した人をたたえるなどの意味で使われるそうです。
    現代では違いは無いようですね

コメントを残す

このページの先頭へ