Sponsored Link

「生かす」と「活かす」の違いとは?「違いの雑学」

言葉の違い

生かすと活かすの違い

「この経験を次にいかします」なんて言うときに、生かすと活かすのどちらを使っているでしょうか。
使いわけのルールってあるのでしょうか。
さて、生かすと活かすの違いってわかりますか?
(参考:goo辞典)

生かすとは?

生かすは命を保たせる、能力を有効に使う、活用する、といった意味で使われる常用漢字です。
公的な文書や新聞では「生かす」を用いることになっています。「生かす」というと死なせない、命のある状態を保つというやや控えめな印象で使われることもあります。

活かすとは?

活かすは意味としては「生かす」と同じですが、常用の漢字の使い方ではありません。
一般的には「活用する、役立てる」という積極的、前向きなイメージを打ち出したいときに使われる傾向があるようです。

生かすと活かすの違いまとめ

生かすと活かすの違い

・生かすは命を保たせる、能力を有効に使う、活用する、といった意味で使われる常用漢字です。
・活かすは意味としては「生かす」と同じですが、常用の漢字の使い方ではありません。

意味としてはあまり大きな差はないようです。
ただ、公的な文書においては「生かす」という語を使うこと、それ以外の機会には「活かす」と使うとより積極的な印象になることがある、という点は知っておいてもいいかもしれませんね。
以上が「違いの雑学」生かすと活かすの違いとは?の内容になります。

スポンサーリンク



コメントを残す

このページの先頭へ