Sponsored Link

「違いの雑学」すみませんとすいませんの違いとは?

言葉の違い

すみませんとすいませんの違い

日常の会話でもよく使う「すみません」と「すいません」、意味としては同じですよね。
謝るときだけでなく、なにか頼みごとをしたり、お礼を言ったりするときにも使える便利な表現です。
すみませんとすいませんの違いがわかるでしょうか?
(参考:goo辞典)

すみませんとは?

すみませんとは、「済まない」という語の丁寧な表現です
。謝罪、感謝、依頼などの気持ちを伝えるときに使われます。
分解すると、動詞「済む」の連用形+丁寧の助動詞「ます」の未然形+打消の助動詞「ず」の連体形の組み合わせによって成り立っています。
「このままでは自分の気持ちがおさまらない」という意味で使われていたのが、次第にお礼や謝罪の表現として定着したようです。

すいませんとは?

すいませんとは、すみませんが話し言葉として言いやすいように変化した言い方です。

すみませんとすいませんの違いまとめ

すみませんとすいませんの違い

・すみませんとは、「済まない」という語の丁寧な表現です。謝罪、感謝、依頼などの気持ちを伝えるときに使われます。
・すいませんとは、すみませんが話し言葉として言いやすいように変化した言い方です。

伝えたい意図は同じでも、文章のなかで使用するなら、「すみません」のほうが正しい使い方といえますね。
また、目上の方との会話やビジネスシーンでは「申しわけございません」「大変失礼いたしました」という言い方をするようにしておきましょう。
以上が「違いの雑学」すみませんとすいませんの違いとは?の内容になります。

スポンサーリンク



コメントを残す

このページの先頭へ