Sponsored Link

「違いの雑学」パンケーキとホットケーキの違いとは?

パンケーキ

パンケーキとホットケーキの違い

焼きたてふわふわのホットケーキにバターをのせて、メープルシロップをたっぷりかけていただくのはとても幸せな時間ですね。
なじみ深いおやつ、というイメージのホットケーキですが、パンケーキというメニューもありますね。
パンケーキとホットケーキの違いがわかるでしょうか?
(参考:ホットケーキ wikipedia)

パンケーキとは?

パンケーキとは、小麦粉に卵、牛乳、ベーキングパウダー、砂糖などを加えて混ぜてフライパンなどで焼いたメニューのことです。
パンケーキ自体の歴史は相当に古く、欧米では軽食としてなじみ深いメニューです。
日本には明治時代に紹介され、のちにデパートで売り出して人気のあるメニューになりました。
日本ではホットケーキと区別するために、甘みがなくてチーズやベーコンなどとあわせて食事にできるタイプをパンケーキと呼ぶこともあるようです。

ホットケーキとは?

ホットケーキとは、日本でパンケーキが広まりだしたころにホットケーキという名前で広まったことから使われている名称です。
ただ、日本では甘くて厚みがあるタイプをとくにホットケーキと呼んで区別することもあるようです。

パンケーキとホットケーキの違いまとめ

パンケーキとホットケーキの違い

・パンケーキとは、小麦粉に卵、牛乳、ベーキングパウダー、砂糖などを加えて混ぜてフライパンなどで焼いたメニューのことです。
・ホットケーキとは、日本でパンケーキが広まりだしたころにホットケーキという名前で広まったことから使われている名称です。

甘みがなくて食事に向いているタイプをパンケーキ、甘くて分厚くておやつに向いているタイプをホットケーキ、という区別の仕方もあるようです。
ただ、お店などによって基準が違うようですから厳密な違いを見つけるのは難しいようです。
おやつというイメージの強いメニューでしたが、食事にすることも十分にできるので好みの味を見つけると楽しいですね。
以上が「違いの雑学」パンケーキとホットケーキの違いとは?の内容になります。

スポンサーリンク



コメントを残す

このページの先頭へ