Sponsored Link

「違いの雑学」修正と訂正の違いとは?

言葉の違い

修正と訂正の違い

だれでもミスをしてしまうことがありますね。そんなときにはすばやく改善することが肝心です。
改めるときに修正という言葉と、訂正という言葉のどちらがいいんでしょうか。
さて、修正と訂正の違いってわかりますか?
(参考:goo辞典)

修正とは?

修正とは、不十分、不適当と思われる箇所をなおすことです。
間違いがあるとは限らず、より良くなるようにさらに手を加える場合なども含みます。
ちょっと言葉が足りない部分を補う、より丁寧な表現に置き換える、なんていうのも修正にあたります。

訂正とは?

訂正とは、文章や言葉の間違い、誤りをなおすことです。
そもそも間違いがある、ということが前提になります。

修正と訂正の違いまとめ

修正と訂正の違い

・修正とは、不十分、不適当と思われる箇所をなおすことです。間違いがあるとは限らず、より良くなるようにさらに手を加える場合なども含みます。
・訂正とは、文章や言葉の間違い、誤りをなおすことです。そもそも間違いがある、ということが前提になります。

もとの文書などの表現に、間違いがあるか否か、という点は大きな違いといえるでしょう。
相手に対して文書などの手直しを依頼するときには「修正」という言葉を使っておく方がきつい印象を与えないのでいいかもしれないですね。
以上が「違いの雑学」修正と訂正の違いとは?の内容になります。

スポンサーリンク



コメントを残す

このページの先頭へ