Sponsored Link

「違いの雑学」ホームページとブログの違いとは?

ホームページ

ホームページとブログの違い

毎日の生活において欠かせないツールになったインターネット、ホームページで商品の情報をチェックしたり、お気に入りのブログを読んだり、いろんな情報を手に入れることができますね。
さて、ホームページとブログの違いってわかりますか?
(参考:ホームページ wikipedia)

ホームページとは?

ホームページとは、もともとはブラウザを起動して最初に表示される画面やウェブサイトのトップに表示される画面のことを指していましたが、現在ではウェブサイト全般のことを指すようになっています。
パソコンに詳しいひとなら自分でホームページを作成する人もいますが、それなりに知識が必要です。また企業ならホームページをプロに依頼して作成してもらうケースも多いですが、当然のことながら費用がかかります。

ブログとは?

ブログとは、情報が時系列で表示される構成になっているホームページの一種です。
もともとは時系列形式の情報を発信するサイトであるweblog(ウェブログ)という言葉の略称でした。
無料のサービスが多く、手軽に始められて更新がとても簡単です。コメント・トラックバックなどの機能をもっています。

ホームページとブログの違いまとめ

ホームページとブログの違い

・ホームページとは、もともとはブラウザを起動して最初に表示される画面やウェブサイトのトップに表示される画面のことを指していましたが、現在ではウェブサイト全般のことを指すようになっています。
・ブログとは、情報が時系列で表示される構成になっているホームページの一種です。
ブログもホームページ(ウェブサイト全般)の一種ですが、扱いがとても簡単なのでだれでも簡単にはじめて更新できるという点は魅力です。

かつてはホームページをつくるのはけっこう大変でした。
ブログというサービスが広がったおかげで個人での情報発信はしやすくなった側面はありますね。
以上が「違いの雑学」ホームページとブログの違いとは?の内容になります。

スポンサーリンク



コメントを残す

このページの先頭へ