Sponsored Link

「違いの雑学」倒産と破産の違いとは?

倒産と破産

倒産と破産の違い

景気が悪くなると「企業の倒産件数が増加した」というニュースを聞くことがよくあります。
また「ローンの返済ができなくなって自己破産」なんていう話を聞くこともありますね。
どちらにせよあんまり味わいたくない経験ですが、倒産と破産の違いってわかるでしょうか?
(参考:破産 倒産wikipedia)

倒産とは?

倒産とは、企業の経営状態が大変に悪化して立ち行かなくなり、つぶれてしまうことです。
また、それに伴って行われる破産手続、民事再生手続、会社更生、特別清算といった債務整理全般を指します。
会社の経営が破たんしてしまった状態を広く指す言葉として使われています。

破産とは?

破産とは、大変に経済状態が悪くなり負債の返済ができなくなって立ち行かなくなった状態を清算するべく取る手続きをいいます。
会社なら事業を続けていくことができなくなったということを裁判所に申し立てて、会社の財産をお金に換えてから支払いに充てて、財産を清算する手続きを取ります。
個人でも借金が多すぎて支払いきれなくなった時などに破産手続きを行うことがあります。

倒産と破産の違いまとめ

倒産と破産の違い

・倒産とは、企業の経営状態が大変に悪化して立ち行かなくなり、つぶれてしまうことです。
また、それに伴って行われる破産手続、民事再生手続、会社更生、特別清算といった債務整理全般を指します。
・破産とは、大変に経済状態が悪くなり負債の返済ができなくなって立ち行かなくなった状態を清算するべく取る手続きをいいます。

倒産のほうが経営破たんの状態を広く指していて、そのなかに破産という手続きがある、というイメージですね。
・・・自分では経験したくないと思いますが、ニュースなど聞くときに参考にしてください。
以上が「違いの雑学」倒産と破産の違いとは?の内容になります。

スポンサーリンク



コメントを残す

このページの先頭へ