Sponsored Link

「違いの雑学」暴行罪と傷害罪の違いとは?

暴行罪と傷害罪

暴行罪と傷害罪の違い

いろんなニュースが流れてきますが、暴力をふるって他人を怪我させたというニュースもときどき聞きますね。
他人に怪我をさせたときの犯罪というのは暴行罪でしょうか、それとも傷害罪でしょうか。
さて、暴行罪と傷害罪の違いがわかるでしょうか?
(参考:傷害 暴行罪wikipedia)

暴行罪とは?

暴行罪とは、他人に暴力をふるったけど怪我をさせるには至らなかったときに成立する犯罪です。
暴行罪のほうが罪は軽いです。

傷害罪とは?

傷害罪とは、他人に暴力をふるって怪我をさせたときに成立する犯罪です。
めまいや吐き気を生じさせた、長い時間失神させた、病気を感染させた、などいろんなケースがあります。
傷害罪のほうが罪が重いです。

暴行罪と傷害罪の違いまとめ

暴行罪と傷害罪の違い

・暴行罪とは、他人に暴力をふるったけど怪我をさせるには至らなかったときに成立する犯罪です。
・傷害罪とは、他人に暴力をふるって怪我をさせたときに成立する犯罪です。

相手に怪我をさせるという傷害の結果を生じさせたか否かという点がおおきな分かれ目になります。
また、刑罰の内容では傷害罪のほうが重くなります。
相手に怪我を負わせたときには傷害罪と考えておくといいでしょう。
以上が「違いの雑学」暴行罪と傷害罪の違いとは?の内容になります。

スポンサーリンク



コメントを残す

このページの先頭へ