Sponsored Link

「怖い」と「恐い」の違いとは?「違いの雑学」

怖いと恐い

怖いと恐いの違い

こわいものは誰にでもあるものです。お化けや幽霊、かみなり、真っ暗な場所、いろいろありますね。
こわい、という気持ちを表す時に使う漢字として怖いと恐いがあります。
さて、怖いと恐いの違いってわかりますか?
(参考:怖い 恐いコトバンク)

怖いとは?

怖いとは、危険、不安やおそれを感じるときに使う言葉で常用漢字です。
新聞やニュースなど公的な場では「怖い」を使います。
自分が不安やおそれを感じている、主観的な表現には「怖い」を使うという例もあります。

恐いとは?

恐いとは、危険、不安やおそれを感じるときに使う言葉で、常用漢字表で認められていない使い方です。
だれがみても不安や恐怖を感じるとき、客観的な表現には「恐い」を使うという例もあります。

怖いと恐いの違いまとめ

怖いと恐いの違い

・怖いとは、危険、不安やおそれを感じるときに使う言葉で常用漢字です。
・恐いとは、危険、不安やおそれを感じるときに使う言葉で、常用漢字表で認められていない使い方です。

常用漢字の使い方であるか否か、がわかりやすい違いでしょう。意味として大きな違いはないようですが、
公的な文章以外のときには、誰にとっても不安やおそろしさを感じるだろうというときには「恐い」を使うといいようです。
使い分けができるとより不安さをだせるかもしれませんね。
以上が「違いの雑学」怖いと恐いの違いとは?の内容になります。

スポンサーリンク



コメントを残す

このページの先頭へ