Sponsored Link

「違いの雑学」聞くと聴くの違いとは?

聞くと聴く

聞くと聴くの違い

日常にはいろんな音があふれています。
テレビやラジオ、音楽、演説、車が走る音、人の声、
あらゆる音のなかから必要なものに対しては注意深くききとろうとすることもあります。
音をきく、という動作を表すには聞くと聴くという漢字がありますね。
さて、聞くと聴くの違いがわかるでしょうか?
(参考:聞く 聴くgoo辞書)

聞くとは?

聞くとは、意識していなくても自然と耳に入ってくる音声を受け入れるときに使う言葉です。
雨音、雷の音、車のクラクションの音、選挙カーの宣伝、うわさ話やひそひそ話、べつに聞きたくなくても聞こえてくる音声もいろいろありますね。
自然と耳に入ってくる音に対しては聞くを使います。

聴くとは?

聴くとは、注意して音声に耳を傾けるときに使う言葉です。
大切な講義や講演、音楽の演奏、スピーチや演説などに自分から積極的に耳を傾けようとするときには聴くを使います。

聞くと聴くの違いまとめ

聞くと聴くの違い

・聞くとは、意識していなくても自然と耳に入ってくる音声を受け入れるときに使う言葉です。
・聴くとは、注意して音声に耳を傾けるときに使う言葉です。

自然と聞こえてくるのか、それとも積極的に注意を向けて聴くか、という姿勢の点で大きな違いがありますね。
誰かの話をきくときは注意して聴くと、丁寧さが相手にも伝わりますよ。
以上が「違いの雑学」聞くと聴くの違いとは?の内容になります。

スポンサーリンク



コメントを残す

このページの先頭へ