Sponsored Link

「違いの雑学」池と沼の違いとは?

池と沼

池と沼の違い

身の回りにある、たくさんの水がたまった場所を池と呼んでいたり、沼という名称がついていたり、いろいろですね。
どう区別しているのか気になったことはありませんか。
池と沼って違いはあるのでしょうか?
(参考: 国土地理院)

池とは?

池とは、地面のくぼみに水がたまったところ、または地面を掘って人工的に水をためたところをいいます。
日本では稲作のために人工的にため池をつくったケースも多いようです。
池は水深が浅いもの、だいたい5m未満のものを指すようです。

沼とは?

沼とは、湖よりは浅く、水底まで水生植物が生えている水のたまった場所をいいます。
沼の水深はだいたい5m程度かそれ以下を指すようです。
沼は泥土が多くて濁っているという場合が多いですが、澄んでいる場合もあるようです。

池と沼の違いまとめ

池と沼の違い

・池とは、地面のくぼみに水がたまったところ、または地面を掘って人工的に水をためたところをいいます。
・沼とは、湖よりは浅く、水底まで水生植物が生えている水のたまった場所をいいます。

実際の池や沼、湖の呼び名はこの区分どおりにつけられているとは限りません。
池の場合は人工的に作った場合も多いということ、沼の場合は水底にまで植物が生い茂っていたり濁っていたりする場合が多い、という点で
大まかに分けられるようです。
以上が「違いの雑学」池と沼の違いとは?の内容になります。

スポンサーリンク



コメントを残す

このページの先頭へ