Sponsored Link

「違いの雑学」ホテルと旅館の違いとは?

ホテルと旅館

ホテルと旅館の違い

旅行で、ビジネスで、普段とは違う土地に行って宿泊する機会はけっこうあるものです。
そんなときに泊まる場所はホテルと旅館でどちらを選ぶでしょうか。
さて、ホテルと旅館の違いってわかりますか?
(参考:ホテルと旅館の違い 旅行のまぐまぐ)

ホテルとは?

ホテルとは、洋式の構造・設備をもつ宿泊施設です。
客室数は10室以上、寝具が洋式、ドアや窓には鍵が必要で、プライバシーに配慮した作りになっています。
ホテルのトイレは水洗式で男女それぞれのトイレを設けるようになっています。
ビジネスホテル、シティホテル、リゾートホテル、とさまざまな種類があります。

旅館とは?

旅館とは、和式の構造・設備をもつ宿泊施設です。
客室数は5室以上、寝具は布団等の和式、仲居さんが客室まで料理を運んでくれたり布団を敷いてくれたりとスタッフが客室内に出入りすることが多いです。
旅館のトイレは形態の指定がなく適当数あればいいという決まりになっています。
大型の旅館もありますが、こじんまりとした旅館も多いです。

ホテルと旅館の違いまとめ

ホテルと旅館の違い

・ホテルとは、洋式の構造・設備をもつ宿泊施設です。客室数は10室以上、寝具が洋式、ドアや窓には鍵が必要で、プライバシーに配慮した作りになっています。
・旅館とは、和式の構造・設備をもつ宿泊施設です。客室数は5室以上、寝具は布団等の和式、仲居さんが客室まで料理を運んでくれたり布団を敷いてくれたりとスタッフが客室内に出入りすることが多いです。

ホテルは洋式、旅館は和式のサービスを提供してくれる、というイメージの通りですね。
ホテルと旅館については旅館業法や旅館業法施行令によって規定されています。
全体的にホテルのほうが客室数が多めに設定してあり、満たさないといけない条件が多くなっています。
宿泊の目的にあわせて上手に選択できるといいですね。
以上が「違いの雑学」ホテルと旅館の違いとは?の内容になります。

スポンサーリンク



コメントを残す

このページの先頭へ